【インスタ】メジャーリーグの伝説の監督トミー・ラソーダさんがインスタ集客をするならば

突然ですがトミー・ラソーダという方を
ご存知ですか?

 

 

メジャーリーグの選手でもあり、
伝説の監督です。

 

 

 

彼は選手として華やかな成績を
残したわけではないのですが、
2005年には20世紀最高の監督に選ばれ、
「トミー・ラソーダ賞」という、
各年の最高の監督に対して贈られる賞が
できたくらいの伝説の人です。

 

 

なんで、彼が
そんなにすごい監督と呼ばれたのか?

 

 

それは、
「褒め上手だったから」
だそうなんです。

 

 

例えば、ジョンという選手が
ヒットを打ちました。

 

 

すると監督だったトミー・ラソーダは
「オーケー!ナイスだぞ!ジョン!」
と言って褒めます。

 

 

この時、ジョンの表情や仕草を
よくよく観察して、
あまり彼の反応が良くないときは
”ジョンは
「オーケー!ナイスだぞ!ジョン!」
には反応しない”

記録をします。

 

 

次に、ジョンがヒットを打った時、
「ジョン!お前のバットは世界一だな!」
と言ってほめて、
ジョンが嬉しそうな顔をしたら

 

 

 

”ジョンは
「ジョン!お前のバットは世界一だな!」
に反応する”
記録をします。

 

 

 

これを繰り返し、
チームの各々の選手のことを観察し、
各々の選手が褒められたい言葉で褒める。

 

 

 

彼は記録を元に
個人個人に合わせて褒める達人
だったからこそ、
選手の力を伸ばせる
最高の監督と呼ばれたのです。

 

 

トミー・ラソーダ監督のお話はここまで。

 

 

 

 

 

 

 

では、このお話をあなたのインスタ集客に
置き換えてみましょう。

 

 

 

あなたのインスタ投稿。

 

 

色々な内容を投稿することが
あると思いますが、
その中で
良い反応(いいね!が多いとか保存が多いとか)
があった
「A」という投稿
があるとしましょう。

 

 

 

ここで質問!
もし、トミー・ラソーダが
インスタ集客をしていたら(笑)
この「A」という投稿
をどう生かすと思いますか?

 

 

 

自分ゴトに置き換えてみましょう。

 

 

 

もし、トミー・ラソーダが
インスタ集客をしていたら
きっと(笑)
この「A」という投稿を記録して、
同じハッシュタグ、
似た内容で投稿を作り、

同じような時刻に
投稿をします。

 

 

だって、
うまくいった
記録があるから。

 

 

これ、選手ごとに反応がよかった言葉の
記録を残して、それをまた各々の選手に
使ったというトミー・ラソーダ監督の
戦い方・チームの作り方と同じなのです。

 

 

あなたのインスタ集客、
記録に
残してありますか?

 

 

そもそも、
投稿したままで何もインサイトを
見てない…
になっていませんか?

 

 

 

記録をしておくことで
成果に結びつける行動
=成果が出る投稿だけを
とることができるんです。

 

 

「忙しい」
「SNSを
投稿する暇がない」

という方こそ、
一手間をかけて記録しておくことで
今後の投稿にかかる時間を短くすることが
できますよ。

 

 

ぜひ、
あなたも記録を作り、
時短で効率的に!上手に!
インスタ集客を続けていきましょう^^

 

 

それでは良い週末を!

突然ですがトミー・ラソーダという方を
ご存知ですか?

 

 

メジャーリーグの選手でもあり、
伝説の監督です。

 

 

 

彼は選手として華やかな成績を
残したわけではないのですが、
2005年には20世紀最高の監督に選ばれ、
「トミー・ラソーダ賞」という、
各年の最高の監督に対して贈られる賞が
できたくらいの伝説の人です。

 

 

なんで、彼が
そんなにすごい監督と呼ばれたのか?

 

 

それは、
「褒め上手だったから」
だそうなんです。

 

 

例えば、ジョンという選手が
ヒットを打ちました。

 

 

すると監督だったトミー・ラソーダは
「オーケー!ナイスだぞ!ジョン!」
と言って褒めます。

 

 

この時、ジョンの表情や仕草を
よくよく観察して、
あまり彼の反応が良くないときは
”ジョンは
「オーケー!ナイスだぞ!ジョン!」
には反応しない”

記録をします。

 

 

次に、ジョンがヒットを打った時、
「ジョン!お前のバットは世界一だな!」
と言ってほめて、
ジョンが嬉しそうな顔をしたら

 

 

 

”ジョンは
「ジョン!お前のバットは世界一だな!」
に反応する”
記録をします。

 

 

 

これを繰り返し、
チームの各々の選手のことを観察し、
各々の選手が褒められたい言葉で褒める。

 

 

 

彼は記録を元に
個人個人に合わせて褒める達人
だったからこそ、
選手の力を伸ばせる
最高の監督と呼ばれたのです。

 

 

トミー・ラソーダ監督のお話はここまで。

 

 

 

 

 

 

 

では、このお話をあなたのインスタ集客に
置き換えてみましょう。

 

 

 

あなたのインスタ投稿。

 

 

色々な内容を投稿することが
あると思いますが、
その中で
良い反応(いいね!が多いとか保存が多いとか)
があった
「A」という投稿
があるとしましょう。

 

 

 

ここで質問!
もし、トミー・ラソーダが
インスタ集客をしていたら(笑)
この「A」という投稿
をどう生かすと思いますか?

 

 

 

自分ゴトに置き換えてみましょう。

 

 

 

もし、トミー・ラソーダが
インスタ集客をしていたら
きっと(笑)
この「A」という投稿を記録して、
同じハッシュタグ、
似た内容で投稿を作り、

同じような時刻に
投稿をします。

 

 

だって、
うまくいった
記録があるから。

 

 

これ、選手ごとに反応がよかった言葉の
記録を残して、それをまた各々の選手に
使ったというトミー・ラソーダ監督の
戦い方・チームの作り方と同じなのです。

 

 

あなたのインスタ集客、
記録に
残してありますか?

 

 

そもそも、
投稿したままで何もインサイトを
見てない…
になっていませんか?

 

 

 

記録をしておくことで
成果に結びつける行動
=成果が出る投稿だけを
とることができるんです。

 

 

「忙しい」
「SNSを
投稿する暇がない」

という方こそ、
一手間をかけて記録しておくことで
今後の投稿にかかる時間を短くすることが
できますよ。

 

 

ぜひ、
あなたも記録を作り、
時短で効率的に!上手に!
インスタ集客を続けていきましょう^^

 

 

それでは良い週末を!