【質問】実績もない人のところに どうやって人が集まるの?

%LAST_NAME%さん
おはようございます!

 

 

集まる集客トレーニング
プロデューサー
鍵森綾です。

 

 

最近、
人生のライフステージに合わせて
働き方を3回変えた
私の山あり谷ありのお話の続きを書いています。

 

————————-

 ▼前回までのお話はこちら▼

①他にはもっと優秀な人がいるのに
私なんかがここで働いていいんだろうか?
『ラグビー選手60名に囲まれて感じていた恐怖』https://www.agentmail.jp/archive/mail/1706/5631/357877/

 

②「私の人生このままでいいのかな…」
モヤモヤしながら花屋さんで働いていた私の過去
https://www.agentmail.jp/archive/mail/1706/5631/362260/

 

③『SNSから集客なんてできるの?!』
実はWebから全く集客できていなかった私
https://www.agentmail.jp/archive/mail/1706/5631/362654/

【個人起業家の2大恐怖】
「自分の体が動かない」のに「支出だけが続く」

https://www.agentmail.jp/archive/mail/1706/5631/363047/

 

⑤37歳未経験の職業への挑戦!
この決断はうまくいくのか?

https://www.agentmail.jp/archive/mail/1706/5631/363320/

 

————————-

 

 

⑥実績もない人のところに
どうやって人が集まるの?

 
 
 
 
 
前回は
勘違い

続く支出
が大きな引き金となり、
私は本当の本当の冬の時代へと
突入する
というところまででお話が終わりました。
 
 
 
 
 
 
今日は、
その恐怖の時代をもがき苦しむなかで
私が次につながる
を見つけたお話です。
 
 
 
 
 
 
個人起業家のプロデュース業を
始めると意気込み、
スタートしてみると
生徒さんがすぐに集まってくださって、
「あれ?私ってこの仕事むいているのかも?」
「プロデュース業ってもしかして
難しくないんじゃない?!」
こんなふうに心の奥底で
思っていたのだと思います。
 
 
 
 
 
これが私の勘違いの始まりでした。
 
 
 
 
 
 
図に乗った私は、
どんどん生徒さんを集めようとしました。
 
 
 
 
 
 
どんどん集めようとすると
集まらない。
 
 
 
 
 
 
とにかく
集まらない。
 
 
 
 
 
 
「集まる集客(R)」
なのに
「集まらない」(泣)
 
 
 
 
 
これは確実に
私に問題がありました。
 
 
 
 
 
 
どんどんうまくいかなくなる中で
自信を失い、
そして、
支出は続くという恐怖が
追い討ちをかけ、
自分が自分でいられなくなるような
感覚まで行きました。
 
 
 
 
 
100円のおむすびを買うのに
立ちすくんで悩んだこともあります。
 
 
 
 
 
クリスマスが近いのに
息子に何も買ってあげられない
自分が情けなくて情けなくて
唇を噛み締めました。
 
 
 
 
 
息子と旦那さんが
寝静まった夜1時、
パソコンの前で声を殺して
泣いたことは数えきれません。
 
 
 
 
 
これまでの私は両親のおかげで
食べることに困ったことは
ありませんでした。
 
 
 
 
 
 
だから、ここまでの
経験は本当に初めてだったのです。
 
 
 
 
 
売り上げを上げるしかない。
売り上げをあげるしかない。
売り上げをあげるしかない。
 
 
 
 
 
 
元々は大きな夢をもち、
自分らしく心から楽しそうに
トレーナーとしての仕事をしていた
私を知っているのに、
こんなふうになっていく私を
そばで見ていた旦那さんは
本当に本当に辛かったと思います。
 
 
 
 
 
 
旦那さんも一緒に
戦ってくれていました。
 
 
 
 
 
彼には感謝していると
言葉で伝えきれないくらい
感謝しています。
 
 
 
 
 
 
そんな中で、
 
 
 
 
職業を変えたばかりで
実績もない人のところに
どうやって人が集まるの?
 
 
 
 
 
こんなことばかりを
繰り返し話す私に
師匠の長瀬さん、
そして大師匠の相葉さんは、
「研究」
をすることが大切なんだよと
教えてくださいました。
 
 
 
 
 
そこで私は
はっ!
 
としたのです。
 
 
 
 
 
 
 
私は生徒さんを
集めることばかりに
気持ちがいっていた。
 
 
 
 
 
本当に大切なのは
私の未来の生徒さんが
「それ欲しいです!」
というものを
どれだけ持っているか?が
私の未来をこじ開ける
になるんじゃないか
ということに気づいたのです。
 
 
 
 
 
 
当時の私は
個人起業家プロデユーサーとして
何も持っていませんでした。
 
 
 
 
 
 
だからこそ
そこで
一つのジャンルで
型破りな
専門性のある

深い知識を
研究しつづける

研究家
になろう
と心に決めたのです。
 
 
 
 
 
少し長くなってきたので
続きはまた明日。
 
 
 
 
 
明日は、
研究という武器を手に入れて
立ち上がろうとしている
私のその後はどうなったのか?
について書きますね。
 
 
 
 
 

%LAST_NAME%さん
おはようございます!

 

 

集まる集客トレーニング
プロデューサー
鍵森綾です。

 

 

最近、
人生のライフステージに合わせて
働き方を3回変えた
私の山あり谷ありのお話の続きを書いています。

 

————————-

 ▼前回までのお話はこちら▼

①他にはもっと優秀な人がいるのに
私なんかがここで働いていいんだろうか?
『ラグビー選手60名に囲まれて感じていた恐怖』https://www.agentmail.jp/archive/mail/1706/5631/357877/

 

②「私の人生このままでいいのかな…」
モヤモヤしながら花屋さんで働いていた私の過去
https://www.agentmail.jp/archive/mail/1706/5631/362260/

 

③『SNSから集客なんてできるの?!』
実はWebから全く集客できていなかった私
https://www.agentmail.jp/archive/mail/1706/5631/362654/

【個人起業家の2大恐怖】
「自分の体が動かない」のに「支出だけが続く」

https://www.agentmail.jp/archive/mail/1706/5631/363047/

 

⑤37歳未経験の職業への挑戦!
この決断はうまくいくのか?

https://www.agentmail.jp/archive/mail/1706/5631/363320/

 

————————-

 

 

⑥実績もない人のところに
どうやって人が集まるの?

 
 
 
 
 
前回は
勘違い

続く支出
が大きな引き金となり、
私は本当の本当の冬の時代へと
突入する
というところまででお話が終わりました。
 
 
 
 
 
 
今日は、
その恐怖の時代をもがき苦しむなかで
私が次につながる
を見つけたお話です。
 
 
 
 
 
 
個人起業家のプロデュース業を
始めると意気込み、
スタートしてみると
生徒さんがすぐに集まってくださって、
「あれ?私ってこの仕事むいているのかも?」
「プロデュース業ってもしかして
難しくないんじゃない?!」
こんなふうに心の奥底で
思っていたのだと思います。
 
 
 
 
 
これが私の勘違いの始まりでした。
 
 
 
 
 
 
図に乗った私は、
どんどん生徒さんを集めようとしました。
 
 
 
 
 
 
どんどん集めようとすると
集まらない。
 
 
 
 
 
 
とにかく
集まらない。
 
 
 
 
 
 
「集まる集客(R)」
なのに
「集まらない」(泣)
 
 
 
 
 
これは確実に
私に問題がありました。
 
 
 
 
 
 
どんどんうまくいかなくなる中で
自信を失い、
そして、
支出は続くという恐怖が
追い討ちをかけ、
自分が自分でいられなくなるような
感覚まで行きました。
 
 
 
 
 
100円のおむすびを買うのに
立ちすくんで悩んだこともあります。
 
 
 
 
 
クリスマスが近いのに
息子に何も買ってあげられない
自分が情けなくて情けなくて
唇を噛み締めました。
 
 
 
 
 
息子と旦那さんが
寝静まった夜1時、
パソコンの前で声を殺して
泣いたことは数えきれません。
 
 
 
 
 
これまでの私は両親のおかげで
食べることに困ったことは
ありませんでした。
 
 
 
 
 
 
だから、ここまでの
経験は本当に初めてだったのです。
 
 
 
 
 
売り上げを上げるしかない。
売り上げをあげるしかない。
売り上げをあげるしかない。
 
 
 
 
 
 
元々は大きな夢をもち、
自分らしく心から楽しそうに
トレーナーとしての仕事をしていた
私を知っているのに、
こんなふうになっていく私を
そばで見ていた旦那さんは
本当に本当に辛かったと思います。
 
 
 
 
 
 
旦那さんも一緒に
戦ってくれていました。
 
 
 
 
 
彼には感謝していると
言葉で伝えきれないくらい
感謝しています。
 
 
 
 
 
 
そんな中で、
 
 
 
 
職業を変えたばかりで
実績もない人のところに
どうやって人が集まるの?
 
 
 
 
 
こんなことばかりを
繰り返し話す私に
師匠の長瀬さん、
そして大師匠の相葉さんは、
「研究」
をすることが大切なんだよと
教えてくださいました。
 
 
 
 
 
そこで私は
はっ!
 
としたのです。
 
 
 
 
 
 
 
私は生徒さんを
集めることばかりに
気持ちがいっていた。
 
 
 
 
 
本当に大切なのは
私の未来の生徒さんが
「それ欲しいです!」
というものを
どれだけ持っているか?が
私の未来をこじ開ける
になるんじゃないか
ということに気づいたのです。
 
 
 
 
 
 
当時の私は
個人起業家プロデユーサーとして
何も持っていませんでした。
 
 
 
 
 
 
だからこそ
そこで
一つのジャンルで
型破りな
専門性のある

深い知識を
研究しつづける

研究家
になろう
と心に決めたのです。
 
 
 
 
 
少し長くなってきたので
続きはまた明日。
 
 
 
 
 
明日は、
研究という武器を手に入れて
立ち上がろうとしている
私のその後はどうなったのか?
について書きますね。