24種類と6種類のジャム売り場、より多く売れたのはどっち?

%LAST_NAME%さん、
こんばんは。

 

 

 

 

%LAST_NAME%さん、
あなたは
「類友」

っていう言葉を聞いたことがありますか?

 

 

 

ちょっと古いのかな〜?(笑)

 

 

 

類友っていうのは
「類は友を呼ぶ」
というコトバにある
その類友です。

 

 

 

簡単に言うと
「価値観が近い人」

ですね。

 

 

 

SNS集客の関係って
類友がとーっても
大切なんです。

 

 

 

どんな風に大切かということを
これから説明しますね。

 

 

 

私は、
これまでにこのメルマガでも

 

 

 

これからは、
お客様が

「インフルエンサーを
信用しない時代」

「広告をみない時代」

「検索をしない時代」

「情報が溢れて
受け取りきれない時代」

になってきている。

 

 

 

と説明してきましたよね?

 

 

 

こんな時代に、
唯一信じられるもの。

 

 

 

それって何でしょう?

 

 

 

ここからは、
あなたご自身に置き換えて
想像してみてください。

 

 

 

 

今までに、
よく調べないまま、
知人や友人、家族の
強いおすすめ
物をかったことはありませんか?

 

 

 

これが
「お客様がお客様をつくる」
秘密なんです。

 

 

 

「あの人が
そこまで言うんなら

さぞかし
良いんだろうな」

 

 

 

こんな感じです。

 

 

 

私は、自分の購入したものを
ぱっと見渡すと、
自分の判断で購入した商品より、
人に勧められて購入した物が
多かったです。

 

 

 

 

そもそも、世界中の砂浜の砂の数より
多い情報が毎日流れている今日。

 

 

 

 

その中から、自分に合う情報を
選び取ることはできますか?

 

 

 

 

私は、情報が多すぎて、
「選ぶことをやめる」
ことがよくあります。

 

 

 

 

コロンビア大学ビジネススクールの教授
シーナ・アイエンガー氏の実験で
「ジャムの法則」
という有名な実験があります。

 

jam-428094_640.jpg

 

これはスーパーのジャム売り場に、
24種類と6種類の2つの売り場を用意し、
どちらの方が売れるか比較したものです。

 

 

 

結果は….
24種類の方は3%の人しか
購入しませんでしたが、
6種類の売り場の方は、
30%近くの人が購入したというのです。

 

 

 

選択肢が少ない方が
購入した人が多かった
ということなんです。

 

 

 

この実験の結果を受けて教授は
このように言っていました。

 

 

 

「選択肢が多ければ多いほど
人は選ぶのに悩み、
選んだ結果が本当に
いいのかも
気になり、
自信をなくし、

結局選ぶのをやめてしまう」

 

 

 

つまり、
買うのをやめてしまうのです。

 

 

 

選べなくて買うのを辞める。
だけど、どうしても必要なものがある。

 

 

 

こんな時にポイントとなるのが、
類友なんです。

 

 

 

類友(価値観が近い人)が
1種類のジャムを
強く強く強く勧めてくれたら、
買ってしまいませんか?

 

 

 

私は、間違いなく
買っちゃいます(笑)

 

 

 

この
「類友の法則」
あなたのビジネス、
WEB集客、
SNS集客
に置き換えて考えてみてくださいね。

 

 

 

ちょっと長くなりそうなので、
具体的に類友を
どう活用できるのか?
そんなお話はまた別の日に
お伝えします。

 

 

 

それでは、寒い夜ですので、
みなさまゆっくりお過ごしくださいね。

%LAST_NAME%さん、
こんばんは。

 

 

 

 

%LAST_NAME%さん、
あなたは
「類友」

っていう言葉を聞いたことがありますか?

 

 

 

ちょっと古いのかな〜?(笑)

 

 

 

類友っていうのは
「類は友を呼ぶ」
というコトバにある
その類友です。

 

 

 

簡単に言うと
「価値観が近い人」

ですね。

 

 

 

SNS集客の関係って
類友がとーっても
大切なんです。

 

 

 

どんな風に大切かということを
これから説明しますね。

 

 

 

私は、
これまでにこのメルマガでも

 

 

 

これからは、
お客様が

「インフルエンサーを
信用しない時代」

「広告をみない時代」

「検索をしない時代」

「情報が溢れて
受け取りきれない時代」

になってきている。

 

 

 

と説明してきましたよね?

 

 

 

こんな時代に、
唯一信じられるもの。

 

 

 

それって何でしょう?

 

 

 

ここからは、
あなたご自身に置き換えて
想像してみてください。

 

 

 

 

今までに、
よく調べないまま、
知人や友人、家族の
強いおすすめ
物をかったことはありませんか?

 

 

 

これが
「お客様がお客様をつくる」
秘密なんです。

 

 

 

「あの人が
そこまで言うんなら

さぞかし
良いんだろうな」

 

 

 

こんな感じです。

 

 

 

私は、自分の購入したものを
ぱっと見渡すと、
自分の判断で購入した商品より、
人に勧められて購入した物が
多かったです。

 

 

 

 

そもそも、世界中の砂浜の砂の数より
多い情報が毎日流れている今日。

 

 

 

 

その中から、自分に合う情報を
選び取ることはできますか?

 

 

 

 

私は、情報が多すぎて、
「選ぶことをやめる」
ことがよくあります。

 

 

 

 

コロンビア大学ビジネススクールの教授
シーナ・アイエンガー氏の実験で
「ジャムの法則」
という有名な実験があります。

 

jam-428094_640.jpg

 

これはスーパーのジャム売り場に、
24種類と6種類の2つの売り場を用意し、
どちらの方が売れるか比較したものです。

 

 

 

結果は….
24種類の方は3%の人しか
購入しませんでしたが、
6種類の売り場の方は、
30%近くの人が購入したというのです。

 

 

 

選択肢が少ない方が
購入した人が多かった
ということなんです。

 

 

 

この実験の結果を受けて教授は
このように言っていました。

 

 

 

「選択肢が多ければ多いほど
人は選ぶのに悩み、
選んだ結果が本当に
いいのかも
気になり、
自信をなくし、

結局選ぶのをやめてしまう」

 

 

 

つまり、
買うのをやめてしまうのです。

 

 

 

選べなくて買うのを辞める。
だけど、どうしても必要なものがある。

 

 

 

こんな時にポイントとなるのが、
類友なんです。

 

 

 

類友(価値観が近い人)が
1種類のジャムを
強く強く強く勧めてくれたら、
買ってしまいませんか?

 

 

 

私は、間違いなく
買っちゃいます(笑)

 

 

 

この
「類友の法則」
あなたのビジネス、
WEB集客、
SNS集客
に置き換えて考えてみてくださいね。

 

 

 

ちょっと長くなりそうなので、
具体的に類友を
どう活用できるのか?
そんなお話はまた別の日に
お伝えします。

 

 

 

それでは、寒い夜ですので、
みなさまゆっくりお過ごしくださいね。